消化器領域で症例を積みたい先生へ

一般内科(外来・病棟管理)プラス内視鏡検査という案件が多くなっています

専門医の資格があれば有利

内視鏡検査の症例を積みたいとお考えの先生は幅広く、消化器内科・消化器外科の先生をはじめ、外科、一般内科の先生の中でも内視鏡の手技を身に着けたい、とお考えの先生は多くいらっしゃいます。

医療機関でも、検診における内視鏡の件数は増加しており、ニーズは高い状態にあります。消化器内科の先生については、一般内科(外来・病棟管理)+内視鏡検査という募集が一般的です。健診センターは健診+検査+読影という案件(マーゲン読影が出来れば尚可)が多くなっています。

内視鏡検査のみという求人はあまり多くないため、競争率は高くなっています。通常、検査の担当コマ数は週1から2コマの求人が多く、 週3コマ以上が担当となる施設は内視鏡の症例を多く積める施設と言えます。

また先生のご経験や資格を重視する医療機関が多いのも、内視鏡の医師求人における特徴です。というのも内視鏡は手技であるため、患者さんの評判の良し悪しによって、医療機関側の収益が左右されやすいという背景があるためです。

したがって、「内視鏡専門医」をもっている先生が優遇されやすいのは間違いありません。現在はお持ちでない場合でも、これまで積み重ねてきた上部・下部内視鏡の件数を正確に把握しておくことが重要です。また消化器がご専門の先生の場合、GF、CFをはじめ、ERCPなどの件数も求人に応募する際のアピールポイントになります。

勿論、内視鏡の手技を学びたいという先生にも案件はあります。内視鏡検査を現在は外科だけで回しているとか、内視鏡検査の件数が多い施設、指導体制が整っている施設など多数あります。上部内視鏡のみで可という求人もあります。

次にアルバイトをお探しの先生ですが、上部内視鏡は午前中の案件(1コマで8〜10件)が大半を占めています。給与は、地域によって多少変動はあるものの、時給10,000円〜、あるいは9:00〜12:30で40,000円〜というのが相場となっています。募集を行う背景としては、「それまで働いていた非常勤医師が辞めた」をはじめ、「常勤医が退職した」、「患者のニーズに応えるため検査数を増やしたい」などがあります。検査数の増加に対応しての募集の場合、勤務曜日の調整が可能という案件が多いのが特徴です。

一方、下部内視鏡ですが、「常勤医が全ての下部内視鏡を行っている」、「人気が高いため、募集してもすぐに枠が埋まる」、「同じ非常勤医師が長く務めるので、再募集がかかりにくい」などの理由から、上部に比べてアルバイトの案件数は少なくなっています

バイト先の医療機関はお住まいの近辺にあるのがベストですが、下部内視鏡はこのような状況ですので、多少エリアを拡大して探すことが求められます。医師専門の人材紹介サイトに登録して、あらかじめ希望のエリア・スケジュール等の条件を伝えておき、エージェントからマッチした案件を紹介してもらうと効率がよいでしょう。

リクルートドクターズキャリア 医師バイトドットコム

上部・下部内視鏡のスキルを活かせる消化器内科、消化器センター、健診センター等の常勤と定期非常勤の案件が豊富です。勤務条件の交渉はキャリアコンサルタントが代行しますので、お忙しい方でも安心です。

公式サイトで詳細を見る


全国の医療機関から10,000件を超える定期非常勤とスポット(単発)のアルバイト案件をご用意しています。ご利用者の70%が、他社では紹介されることがない「非公開求人」から高待遇のバイトを見つけています。

公式サイトで詳細を見る

 
Copyright (C) 2015 内視鏡検査ガイド All Rights Reserved.